聖火、ソウルに到着 市民「五輪盛り上げたい」 – 日本経済新聞



 【ソウル=山田健一】平昌冬季五輪の聖火リレーが13日、首都ソウルで始まった。北朝鮮が五輪参加を表明したことで、韓国では大会の成功を願う声が強まっている。沿道にかけつけた市民らは「めったにない機会なので北朝鮮とともに大会を盛り上げたい」と声援を送った。

 ソウルでの第1走者は、2014年のソチ冬季五輪フリースタイルスキー女子の韓国代表、パク・ヒジンさんが務めた。聖火は同日正午ごろ、朴槿恵(パク・クネ)前大統領の退陣を求める抗議集会が開かれた中心部の大通りに到着。高校3年の女子生徒、チャン・ヘジンさんは「スピードスケート・ショートトラックに期待。精いっぱい応援したい」とほほ笑んだ。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す