韓国の犬食文化に変化、欧米の里親に出す養犬業者も 写真10枚 国際 … – AFPBB News



【1月14日 AFP】韓国ソウル北郊の南楊州(Namyangju)市にある食肉用の養犬場で、ラブラドールからビーグル、雑種犬までさまざまな犬がさびたケージから次々と出されていく──。この養犬場の経営者キム・ヨンファンさん(56)が動物愛護団体との取引に応じたため、犬たちは人の食卓に上る運命から逃れることができたのだ。

 最近は食用犬肉の需要が落ち込んでおり、キムさんは補償金と引き換えに養犬を欧米の里親に譲るという米国拠点の動物愛護団体「ヒューメイン・ソサエティ・インターナショナル(HSI)」からの申し出に応じることを決めた。

 この3年間にHSIの申し出に応じた養犬業者はキムさんで10人目だ。補償金の額は非公開だが、譲渡の費用を含めて1件あたり数十万ドルとみられる。

「養犬業に未来はない。手遅れになる前にやめたかった」と、170匹の犬を飼育していたキムさんは語る。

「この数年は犬肉の価格も急落していた」とキムさん。「やりくりにも苦労していたうえに四六時中、動物愛護団体からの嫌がらせもあった。面倒なことだらけだ」

 国外の多くの動物愛護団体を含め、犬食禁止を求める活動家らの声に対する韓国人の反応は割れている。欧米の偽善だと非難する人がいる一方、犬をペットと認識している若い世代には犬食に嫌悪感を持つ人も少なくない。

 他方で「私は犬は食べない。でも、愛らしくて人懐こい動物だけが生きる権利があるなどと欧米人から説教されるのにはうんざりする」との意見もインターネット上ではみられる。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す