イタリア銀行3位「モンテ・パスキ」が自力再建目指す 増資計画を続行



 巨額の不良債権で経営難に陥っているイタリア3位のモンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナ銀行(モンテ・パスキ)は11日夜、50億ユーロ(約6100億円)の増資計画を維持すると発表した。増資の引受先が確保できずに公的支援の可能性が高まっているが、自力再建を目指す。

 モンテ・パスキは監督機関の欧州中央銀行(ECB)に対し、年内に予定していた増資の延期を要請。ECBはこれを拒否したとされ、時間的猶予が限られている。モンテ・パスキはECBからの返答を受けていないと説明している。

 モンテ・パスキの発表によると、債務の株式化で資本調達額を増やす方針だ。これまでに約10億ユーロ分の債券保有者が株式転換に応じたと説明している。(共同)




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です